二次会の景品はどこで選ぶと良いのか

結婚式などの二次会で、イベントの景品や、最後の挨拶としての品を選ぶことがあると思います。新郎新婦や、会の幹事が選ぶことになると思いますが、どこで選ぶのかで、種類が変わることがあります。最近はネット通販でも専用のショップがありますので、まさに様々です。二次会はお友達を呼ぶことが多いと思います。その方たちが、喜ぶ、助かる、楽しめるものを考えていけば、なんとなくどのような商品が良いのかを検討をつけることができると思います。もっともその商品が、思っている相手に届くわけではないので、笑える、楽しめるという点に重点を置いて、お店を選んでいくと、なんとなくイメージが湧いていきます。あとは数件お店やネットショップを廻り、ピックアップしてほしいです。お店ごとに買う商品を変えることも良いと思います。

二次会の景品はみんなで考えましょう

冗談グッズや、おもしろいグッズなど、二次会にありがちな景品ですが、全ての方が喜ばれるわけではないですし、そのようなものだけでは、しつこいのでしらける場合もあります。やはりそのような商品にはメリハリが必要です。特に女性に喜ばれる、おしゃれな商品はセンスの良さを演出できますし、華やかにもなります。いわゆる特賞のような特別な商品は、お洒落で華やか、もしくは皆が欲しいと思えるようなものであると盛り上がりやすいです。まずは予算を考慮せずに自分が欲しいものを考えてみる方法もあります。旅行やお酒、コーヒーや、食事券、ゲーム機や家電など思いめぐらせ、リストに書き出してみれば、主催者である新郎新婦や仲間にも相談しやすくなります。一人で考えることは苦痛ですし、負担も大きいです。また主催者の別の知り合いの方の趣味もありますから、そのような点に関しては色々な方たちに相談することが大切です。

二次会の景品はみんなに小さな喜びを

メイン商品以外にも、できれば参加している全ての人たちに二次会では景品が渡ることが理想です。参加してくれたすべての人たちに、何か残ることで、お祝いの雰囲気が良くなりますし、お互いが嬉しい結果になることが多いです。冗談グッズでも、お洒落なグッズでも、センスが問われますので難しいものですが、ここでもやはり、自分が欲しいものや面白いと思える物を、ぜひ周りと相談しながらリストに書き出してみることをお勧めします。ハンカチやお茶、入浴剤などを可愛いラッピングで包むことでお洒落に演出ができますし、特に女性には喜ばれます。またよく使う物や消え物と呼ばれる使い切れるものは使いやすいです。ただ冗談グッズに関しては冗談が過ぎれば、品性を疑われます。仲間内だけであれば、笑いがとれても、他の場では、少し考えてしまうものもありますので、注意してほしいです。