クラスTシャツを作る状況とは、やはりクラスの団結を必要としている時であり、運動会、体育祭などでは動きやすさと通気性は重視したいポイントです。他に文化祭や合唱祭など準備や本番に使用したい場合、適度な動きやすさがあれば、後はオシャレや安さなども重視したいところです。また通年で、クラスのイベントに使用したい場合、最低でも1年間使い続けるわけですから、下に長袖を着ても大丈夫な大きさと1年間洗濯をしても、ヨレヨレにならない丈夫な生地であり、動きやすさがある物という点がポイントになります。何事もまずは条件を明確にすることが大切です。メッシュ生地は通気性が良く意外と丈夫ですが、大きなオリジナルデザインをプリントするには向きませんし、オシャレにするにはセンスが必要です。綿生地の場合、その生地の厚みによって丈夫であるかは差が出ます。プリントも大きくオリジナルを出せますが、高額になる可能性もあります。

クラスTシャツは布やサイズに幅広い選択肢がほしい

メッシュ生地でも厚手の綿生地でも値段の差はまちまちです。それは質という問題もありますが、業者が大量購入をして在庫を持っているという場合もあります。まず自分たちの理想ありきですが、クラスTシャツは、大量注文になることが多いので、1枚の単価をできるだけ安くできるチャンスも多くなるので、交渉次第では理想の値段で取引できることが多いです。また学割が適用されるお店もありますので、ぜひぜひ利用してほしいです。その上で、色やサイズを幅広く取り揃えているという点も、是非見ていただきたいです。当然ですが、S、M、Lという3つのサイズだけでは、クラス全員は着られない可能性もあります。学年によってはSでも大きい場合があります。年齢によってはLでも小さい場合もあります。フリーサイズは、基本的には着られるという程度ですので、いろいろなサイズの方がいるクラスでは、その辺りの配慮もしてあげてほしいです。

クラスTシャツは単価だけでなく送料なども考える

クラスTシャツを注文する場合、ネットを通じて見積もりからデザイン発送、注文、商品お届けができるお店もあります。それはそれでメリットがあり、移動と言う大きな手間をかける必要が無くなり、行事に集中ができます。また最近は問合せフォームなどから細かい質問をすることができるので、非常に便利です。ただシャツの材質については、実際に見てみることが大切になることもあります。特に長く使うつもりのクラスTシャツは、できれば実物を見に行く、もしくはサンプルを送ってもらえると、安心して注文することができます。最初から1枚分を安くする事だけをかんがえるのでなく、送料や見積もりが無料であることが、購入時の手数料などがかからない、納品までの日数など、考える事は色々ありますから、ぜひ色々なお店を検討していただきたいです。