学校での運動会、文化祭、修学旅行など様々なイベントを盛り上げたい時にお薦めのアイテムはオリジナルで作るクラスTシャツです。自分達で材料を揃えて作る事も可能ですし、ネットでプリント業者に依頼する事も可能です。どちらも自分達のデザインで作る事が出来ます。イベントが終わっても、手元に残るオリジナルのクラスTシャツが学生時代の楽しい思い出の記念品となります。自分達でデザインを考える時間も楽しめるので、イベントを機にクラスTシャツを作成する事はお薦めです。手作りで作る・プリント業者に依頼はどちらもコストがかかるので、どの位の予算まで捻出出来るものなのか、担任の先生と相談して決める必要があります。予算内で収まるように、素敵なクラスTシャツが作成出来るように考慮する必要があります。

手作りするのかプリント業者に依頼するのか考える

オリジナルでクラスTシャツを作る方法は、自分達で道具を揃えて作る・プリント業者に依頼して作ると言った2種類があります。時間に余裕があるようであれば、自分達で必要な道具を揃えて作る方法がお薦めです。自分達でワイワイしながら作る時間はとても楽しく有意義な思い出になります。自分達で作ると色んな失敗も勿論の事ながらありますが、自分達で解決して成功へとつながるのでとても良い事なのです。逆に時間がない場合や急いで必要になった場合はプリント業者への依頼が賢明になります。プリント業者はプロなので、スピード納品も可能になるので、必要な期日に合わせて作成してくれます。プリント業者に依頼する方がコストもかかってしまうので、予算内で出来るのかどうかも最初に見積もりを出してもらいましょう。

クラスの自分達らしさを出せるデザインを作る

オリジナルでクラスTシャツを作る場合、自分達で作成する方法とプリント業者に依頼する方法がありますが、どちらも同じデザインになります。そこで、お薦めしたい事は、一旦同じデザインで作成してから、自分達でクラスTシャツにイニシャルや名前を入れる事です。イニシャルや名前をプラスで入れる事によって、さらにオリジナル感が増して、クラス全体にも一体感が増します。プリント業者に依頼すると、個々のイニシャルや名前を入れるとプラス料金が発生してしまう為、高額になります。この作業は自分達で必要な道具を揃えて、作成する方が賢明です。最近では、100円ショップにてイニシャルなどのステンシルプリントが販売されています。こちらのステンシルプリントと布用のスタンプ、スプレー、マスキングテープを揃えるだけで簡単に作成する事が出来ます。